表紙 > ウェブ古文書講座 > 明治時代の教科書『書牘』を読む > 質地証文


質地証文(明治時代の教科書『書牘』を読む)

教材(PDFファイル)

読み下し

この質地何国何郡何村の内字何耕地、別紙地券の通り、拙者所持にて、他に質入れ等致し置き申さず候。
右耕地今明治何年何月より来たる何年何月限り、質物に差入れ、書面の金子借用申すところ実正なり。然る上は、年期中拙者よろしく小作いたし、御年貢諸役あい勤め申すべく候。もし年期済みに至り、作得[米金]並びに元金返済等あい滞り候わば、地券名前書替え、右地所あい渡し申すべく候。尤もその節に至り、何方よりも故障申出で候者一切これなく候、後日のため証書差入れ候なり。

【参考】類語と註解

※読解の参考にするため『書牘』の注釈書(参考書)『書牘 : 類語註解 日用文』から該当部分を抜き出しました。

・質物ニ差入(しちもつにさしいれ)【類語】質地とし抵当。

・書面之金子(しょめんのきんす)【類語】券額之金(けんがくのきん)

・年期中(ねんきちゅう)【類語】年限中(ねんげんちゅう)、定約中(じょうやくちゅう)

・年期済(ねんきずみ)【類語】満年限(まんねんげん)

・作得(さくとく)【類語】耕益(こうえき)

・返済(へんさい)【類語】完納(かんのう)

・名前(なまえ)【類語】名義(めいぎ)

・相渡(あいわたす)【類語】交付(こうふ)

・其節(そのせつ)【類語】其期(そのご)

・何方(いずかた)【類語】他(た)