表紙 > ウェブ古文書講座 > 明治時代の教科書『書牘』を読む > 小作証文


小作証文(明治時代の教科書『書牘』を読む)

教材(PDFファイル)

読み下し

何国何郡何村字何、貴殿所持之耕地、今明治何年何月より来たる何年何月まで、拙者小作いたし、御年貢米並びに諸役等あい勤め、作得米何程ずつ、年々何月限りあい納め申すべく候。万一あい滞り候節は、証人において引き受け、急度相弁ずべく候。仍って証書差し入れ候なり。

【参考】類語と註解

※読解の参考にするため『書牘』の注釈書(参考書)『書牘 : 類語註解 日用文』から該当部分を抜き出しました。

・耕地(こうち)【類語】田園(でんえん)

・等相務(とうあいつとめ)【註解】等は拙者の義務とし、なお諸役、諸税費。

・作得米(さくとくまい)【類語】耕益(こうえき)

・相滞(あいとどこおり)【類語】延滞(えんたい)

・引受(ひきうけ)【類語】保管(ほかん)

・相弁ずべく(あいべん、わきまえ)【類語】弁償(べんしょう、わきまえつぐない)、償却(しょうきゃく)