表紙 > ウェブ古文書講座 > 明治時代の教科書『書牘』を読む > 地所売渡証文


地所売渡証文(明治時代の教科書『書牘』を読む)

教材(PDFファイル)

読み下し

右は拙者是まで所持の地所、このたび地券書替え、貴殿に売渡し候につき、その代料として、書面の金子受取り候ところ実正なり。しかる上は、万一右地所につき、故障の儀申出で候者これあり候とも、証人引受け、いささか御煩労あい懸け申すまじく候、後日のため、証書差入れ候なり。

【参考】類語と註解

※読解の参考にするため『書牘』の注釈書(参考書)『書牘 : 類語註解 日用文』から該当部分を抜き出しました。

・是迄(これまで)【類語】元来(がんらい)

・所持(しょじ)【類語】所有(しょゆう)

・地券書替(ちけんかきかえ)【類語】地券を改め所有権を移し。

・代料(だいりょう)【類語】地価(ちか)

・書面之金子(しょめんのきんす)【類語】券面之金円(けんめんのきんえん)、券面之金員(けんめんのきんいん)

・故障之儀(こしょうのぎ)【類語】事故(じこ)、障碣(しょうげ)

・申出(もうしいで)【類語】申立(もうしたて)、相鳴(あいならし)

・引受(ひきうけ)【類語】保証致し。即時弁解。

・煩労(はんろう)【類語】苦労(くろう)